【朝起きたら腰が痛い】その原因と痛みを軽減する方法4選!

健康な体

【ほぐし処とりっぷ】の伊東です。

目が覚めたらさっと起き上がって行動したいのですが。。。

【朝起きたら腰が痛い】という経験はありませんか?!

ここでは朝起きた時の腰が痛みを軽減する方法を経験者の私がご紹介したいと思います!

朝起きたら腰が痛い原因は?

寝ている間、腰は特に体重の負担がかかりやすい部位です。朝起きた時に腰のだるさや腰痛を感じるのは腰やお尻に負担がかかり筋肉が固まってしまうのが原因の一つです。

  • 寝る前の体の冷え
  • 日ごろの筋肉疲労の蓄積
  • 寝具があっていない

以上の事からも腰周りに負担がかかり筋肉がこり固まり痛みを起こしてしまいます。

寝る前の体の冷え

気づかぬうちに体は冷えていることがあります。体の冷えで筋肉が緊張し固まってしまうので、寝る前は体を温め血行を良くし、靴下を履き体を冷やさないようにして布団に入るように意識しましょう。

寝具があっていない

ベッドのマットレスや敷布団が硬すぎて違和感がある。軟らかすぎて体が沈む。枕の高さがしっくりこないなど寝具が合っていないと、首から背中、腰周りに負担がかかり筋肉が固まってしまいます。寝心地が悪い場合はそのままにせず調整したり変えることをおすすめします。

日ごろの筋肉疲労の蓄積

日常の筋肉の疲れを残したまま寝てしまうと老廃物などが蓄積されます。寝る前に、筋肉を緩めて血流を良くし老廃物が流れやすい状態にするなどのケアが必要です。

【朝起きたら腰が痛い】痛みを軽減する方法4選!

朝起きたら腰が痛いなど毎日続くと思うと辛すぎます。寝る前や日常のケアで朝の腰の痛みを軽減することが出来ます。

  • 毎日湯船にゆっくり浸かる
  • 寝る前のストレッチ
  • 寝具を変える
  • マッサージや、リラクゼーションサロンに頼る

毎日湯船にゆっくり浸かる

湯船にゆっくりと浸かると、体がぽかぽか温まり全身の筋肉が緩むことで血行が良くなり老廃物などが流れやすくなります。一日の疲れをその日のうちに取って寝れば、起きた時の腰の痛みを和らげることが出来ます。

寝具を変える

自分に合った枕やマットレス、敷布団を選ぶことで腰などへの負担を軽減し起きた時の腰の痛みを和らげることが出来ます。

寝る前のストレッチ

日常で腰の疲れや痛みがある方は腰周りの筋肉に疲れが溜まり負担がかかっていることがあります。寝る前に横になりストレッチをすることで、凝り固まった筋肉が緩み老廃物などが流れやすくなります。筋肉の緊張や疲れが軽減され朝の腰への痛みが軽減されます。

マッサージや、リラクゼーションサロンに頼る

【朝起きたら腰が痛い】という方は、仕事など日常の疲労を溜め込んでいる方も多いです。疲れをためない方法として、仕事終わりや休日などにマッサージや、リラクゼーションサロンで体をほぐしてもらうのもおすすめです。自分自身では手の届かない筋肉を緩めてもらい定期的に通うことで、血行が良くなり筋肉も緩みやすくなります。疲れをためにくい体になっていくので朝起きた時の痛みを軽減することが可能です。

近くのリラクゼーションサロンを探す

千葉にお住まいの方は当店へどうぞ!

千葉駅近くにある【ほぐし処とりっぷ】では朝起きたら腰が痛いなどの理由でご来店されるお客様も多いです。少しでも解消し笑顔でお帰り頂けるように心がけ施術しています!

【初めての方限定】大人気!ほぐし60分¥2980+税★全身がお疲れの方おすすめ★

初めての方にお得なお試しコースがございます。どうぞ、ご利用ください!!

まとめ

朝起きたら腰が痛い原因と痛みを軽減する方法を解説しました!

毎朝腰が痛いのが続くと思うと本当に辛すぎます。私もその辛さを経験し自分自身この方法を行い、以前何もケアしていない時と比べると痛みがかなり軽減しています。寝る前や日頃のケアを定期的に行えば、朝起きた時の腰の痛みを和らげることが可能です。そうすることで不快な寝起きではなく快適な朝を迎えることが出来ます。健康な体作りを意識しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました