【座り仕事での足の疲労】疲れの原因とからだのケアおすすめ4選!

ほぐし処とりっぷ足つぼ施術の写真健康な体

長時間、座り仕事などをしていると足のむくみやだるさを感じる方は多いのではないでしょうか?

  • ふくらはぎの疲労
  • 膝裏がだるい
  • 足の指が冷たい

そんな方にほぐし処とりっぷの伊東が足の疲れをとるからだのケア方法をご紹介します!

少しでも足の疲労やだるさを取りたいと思っている方に向けて書いています。

【座り仕事での足の疲労】疲れの原因は?

足は体の中でも心臓から遠い位置にあるので血液の流れが悪くなり冷えたりむくんだり重だるく感じる事が多い部位です。座り仕事による足のだるさや疲労の原因に次の事があげられます。

  • ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が低下する
  • お尻や太ももの圧迫による血行不良
  • リンパの流れが悪い
  • 室内の空気温度

ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が低下する

ふくらはぎの筋肉を動かすことで心臓から下半身に流れた血液を全身に循環させる筋ポンプ作用が機能します。

長時間の座りっぱなしで筋肉を動かさない状態が続くと・・・?

ふくらはぎの筋ポンプ作用が低下→血液の流れが悪くなる→老廃物などが足に滞る→だるさや疲労を感じる

※ふくらはぎの筋肉を動かすと筋ポンプ作用が機能し血液循環が良くなりだるさや疲労の改善に繋がります。

お尻や太ももの圧迫による血行不良

座り仕事により座りっぱなしが続くと・・・?

尻や太ももが常に圧迫される→下半身の血流が悪くなる→足に老廃物や余分な水分が溜まる→冷えやだるさ感じる

※足に老廃物などを蓄積させないように体全身に血液を循環させる事が必要です。

リンパの流れが悪い

リンパは血液とは異なる経路で体内を循環している液体で、筋肉を動かす事で体内の老廃物や余分な水分などを回収してくれます。

長時間座りっぱなしの状態で筋肉を動かさないと・・・?

リンパの流れが悪くなる→特にリンパが集中する膝裏に老廃物が溜まる→冷えやむくみ、だるさ感じる

※筋肉を動かし血液やリンパの流れをよくして、足に溜まってしまった老廃物や余分な水分を流すことが必要です。

室内の空気温度

夏でも冬でも冷たい空気は下に行きます。

座り仕事時の足元の状態は・・・?

下の空気が冷たい位置に足があるので特に冷えやすい→足の血液の流れが悪くなる→みくみやだるさを感じる

※足元・足先を温めると血流循環も良くなりポカポカし冷えや疲労を軽減できます。

【座ったまま出来る肩の疲れをとるストレッチも同時にどうぞ】

【座り仕事での足の疲労】からだのケアおすすめ4選!

仕事中や仕事終わり、休日などをを使ってからだのケアをしてあげることで、足のだるさや疲労感を軽減出来ます。

疲れをためないように日頃から疲れをとることを意識しましょう。

  • 仕事の合間のストレッチ
  • 仕事中足元を温める
  • 毎日湯船にゆっくり浸かる
  • 近くのマッサージや、リラクゼーションサロンに頼る

仕事の合間のストレッチ運動

仕事の合間にふくらはぎの筋肉を動かすことで血流が良くなります。また、足のストレッチ運動をすることで、凝り固まった筋肉が緩み足の疲れやだるさを和らげることが出来ます。

仕事中足元を温める

足元にブランケットをかけたり厚手の靴下を履くなどして足元は常に温めるのを心がけましょう。足裏にカイロをつけたり、可能であれば電気のヒーターや毛布なども冷えを防ぎます。足つぼグッズなど足裏などを刺激してあげるグッズをデスクの下に置いておくと仕事をしながらでも足に刺激を与えられ血行が良くなり冷えも防げます。

毎日湯船にゆっくり浸かる

毎日湯船にゆっくりと浸かりことで体がぽかぽか温まり血行が良くなることで、老廃物などが流れ疲れが取れやすくなります。一日の疲れをその日のうちにとりましょう。

近くの足つぼマッサージや、リラクゼーションサロンに頼る

足がだるい。疲れが溜まっている。そんな足の疲れを取る方法として、仕事終わりや休日などに近くの足つぼマッサージや、リラクゼーションサロンで足を重点的にほぐしてもらうのもおすすめです。定期的に通うことで、筋肉も緩みやすく血液循環も良くなり、日頃の足の疲れやだるさを和らげることが出来ます。

近くのリラクゼーションサロンを探す

もみほぐしと足つぼマッサージの店

千葉駅近くにある【ほぐし処とりっぷ】では座り仕事で足が重い・だるい・疲れでお辛い方も多く来店されています。少しでも解消し笑顔でお帰り頂けるように心がけ施術しています!

足つぼマッサージで足をスッキリさせたい!!どうぞご利用ください!!

まとめ

座り仕事による足の疲れを感じる方に向けてからだのケアおすすめ4選をご紹介しました。仕事の合間や終わった後、休日などに定期的にからだのケアを行えば、足の疲労感を軽減したり和らげることが可能になります。疲れを溜めず定期的に疲れをとることを意識していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました